Skip to content

Intestinal Flora

腸内フローラ

当院では腸内から美しく、健康をテーマとし

消化器科専門医による腸内フローラ移植を行っております。

腸内フローラは、腸の機能を整えたり、免疫の強化、
さらに健康に生きるために必要な代謝物を供給したりの
重要な役割が次々に明らかにされています。

腸内フローラのバランスが崩れると、免疫が低下するだけでなく
健康を害して老化も進行します。
私たちは、健康な腸内フローラ無しでは健康に生きられないのです。

ozonioterapia-tratamento-colite

リスクと副作用について

便秘気味の方が軟便になった、下痢気味の方の便が固くなる場合がありますが、通常は便通が正常化します。ごくまれに、逆に便秘が強くなる場合がありますが、腸内細菌バランスによるものが多く、数回の菌移植で改善されます。
大腸憩室がある方は、場合によってはする危険もありますので、慎重な問診が重要です。

Intestinal Flora

腸内フローラ

当院では腸内から美しく、
健康をテーマとし

消化器科専門医による
腸内フローラ移植を
行っております。

腸内フローラは、腸の機能を整えたり、
免疫の強化、さらに健康に生きるために
必要な代謝物を供給したりの
重要な役割が次々に明らかにされています。

腸内フローラのバランスが崩れると、
免疫が低下するだけでなく
健康を害して老化も進行します。
私たちは、健康な腸内フローラ無しでは
健康に生きられないのです。

Recommendation

腸内フローラのバランスを崩す要因

毎日の食事が影響します。特に脂質やたんぱく質に偏った肉食中心の食事は腸内腐敗を来して悪玉菌が優勢になります。

寝不足、ストレスや大量飲酒、運動不足も大きな要因となります。

免疫力の低下によって腸内には日和見菌が優勢となり、日和見菌による膀胱炎や敗血症などを発症させます。

化学物質、食品添加物の摂取。

抗生物質、抗がん剤、頻繁の下剤など様々な薬品の長期使用。

 

■ アレルギー改善(自己免疫疾患)
■ 老化予防
■ 糖尿病の予防・改善
■ 動脈硬化の予防
■ 心筋梗塞、脳梗塞の予防
■ 便秘や下痢の解消
■ 免疫強化(慢性感染症)

Recommendation

腸内フローラ移植療法の適応

 

腸内フローラは日本人の死因として最も多い疾患(各種のがん、心筋梗塞、脳梗塞、感染症など)だけでなく、アレルギー疾患や糖尿病など多くの疾患の発症や進行に深く関わっています。

Recommendation

腸内フローラのバランスを崩す要因

毎日の食事が影響します。特に脂質やたんぱく質に偏った肉食中心の食事は腸内腐敗を来して悪玉菌が優勢になります。

寝不足、ストレスや大量飲酒、運動不足も大きな要因となります。

免疫力の低下によって腸内には日和見菌が優勢となり、日和見菌による膀胱炎や敗血症などを発症させます。

化学物質、食品添加物の摂取。

抗生物質、抗がん剤、頻繁の下剤など様々な薬品の長期使用。

二の腕、お腹、お尻、太もも、背中のサイズダウンをしたい足だけ、腕だけ、ピンポイントで引き締めたい

Recommendation

腸内フローラ移植療法の適応

 

腸内フローラは日本人の死因として最も多い疾患(各種のがん、心筋梗塞、脳梗塞、感染症など)だけでなく、アレルギー疾患や糖尿病など多くの疾患の発症や進行に深く関わっています。

■ アレルギー改善(自己免疫疾患)
■ 老化予防
■ 糖尿病の予防・改善
■ 動脈硬化の予防
■ 心筋梗塞、脳梗塞の予防
■ 便秘や下痢の解消
■ 免疫強化(慢性感染症)

腸内フローラ(細菌叢)の構成

1000種の多彩な菌からなる腸内細菌叢は、約100兆個あると言われています。重さに換算すると約1.5㎏もあり、1つの臓器といっても過言ではないほどのボリュームがあります。その細菌叢は、善玉菌と悪玉菌、そして中間の日和見菌により構成されています。

腸内フローラの細菌叢の分類と代表的な菌群

善玉菌
ビフィズス菌 乳酸菌群
悪玉菌
クロストリジウム 大腸菌、連鎖球菌
日和見菌
バクテロイデス、プレボテラ

腸内フローラ(細菌叢)の構成

1000種の多彩な菌からなる腸内細菌叢は、約100兆個あると言われています。重さに換算すると約1.5㎏もあり、1つの臓器といっても過言ではないほどのボリュームがあります。その細菌叢は、善玉菌と悪玉菌、そして中間の日和見菌により構成されています。

image0[331]

腸内フローラの細菌叢の分類と代表的な菌群

善玉菌
ビフィズス菌 乳酸菌群
悪玉菌
クロストリジウム 大腸菌、連鎖球菌
日和見菌
バクテロイデス、プレボテラ

Treatment Flow

診療の流れ

Step01

ご予約

Step02

ご来院・受付

Step03

診察
カウンセリング

Step04

治療

治療終了後 →

Step05

お会計
次回予約

Treatment Flow

診療の流れ

Step01

電話やフォームでご予約

Step02

ご来院・受付

Step03

診察・カウンセリング

Step04

治療スタート

治療終了後

Step05

お会計・次回予約

Flow

腸内フローラ移植療法の流れ

カウンセリング

カウンセリング

医師による診断があり、治療に対する説明があります。朝食は軽くお済ませください。排便を済ませてから来院される方が、治療が円滑になります。

図190990

着替えと準備

腸内洗浄室で、治療着に着替えてベットに横たわってください。

図1

腸EMS

訓練され認定された看護師が施療を担当します。大腸全体の蠕動運動刺激と腸内洗浄効果向上目的で治療します。約10分で終了します。

図1wwwww

腸内洗浄

訓練され認定された看護師が施療を担当します。約40分で終了します。

図2wwwwww

乳酸菌カクテルの注入

乳酸菌カクテル(約1兆個)を肛門より大腸内に注入します。約20分で終了します。

図1oooooookkk

着替え→終了

10分間、仰向けで休んでいただいて、終了となります。着替えていただきます。今後の生活習慣について指導があります。治療後に服用していただくサプリメントの説明があり、終了です。

 

Flow

腸内フローラ移植療法の流れ

カウンセリング

カウンセリング

医師による診断があり、治療に対する説明があります。朝食は軽くお済ませください。排便を済ませてから来院される方が、治療が円滑になります。

図190990

着替えと準備

腸内洗浄室で、治療着に着替えてベットに横たわってください。

図1

腸EMS

訓練され認定された看護師が施療を担当します。大腸全体の蠕動運動刺激と腸内洗浄効果向上目的で治療します。約10分で終了します。

図1wwwww

腸内洗浄

訓練され認定された看護師が施療を担当します。約40分で終了します。

図2wwwwww

乳酸菌カクテルの注入

乳酸菌カクテル(約1兆個)を肛門より大腸内に注入します。約20分で終了します。

図1oooooookkk

着替え→終了

10分間、仰向けで休んでいただいて、終了となります。着替えていただきます。今後の生活習慣について指導があります。治療後に服用していただくサプリメントの説明があり、終了です。

 

大腸ガン検査

~日本における大腸がんの現状と問題点~
図2qqqqqqqqqq
~大腸がんのリスク要因~

大腸がんは運動不足、肥満、飲酒、食生活(高脂肪・低繊維食)などの生活習慣が関与されています。下記に当てはまる方はコリバクチン検査を受けて大腸がんのリスクを確認してみましょう。

飲酒:飲酒は、大腸がんのリスクを上げる”確実”な要因とされています。節度のある飲酒が大切です。飲む場合は1日あたりアルコール量に換算して約23g程度にとどめるのがよいでしょう。

肥満:肥満は、大腸がんのリスクを上げる”ほぼ確実”な要因とされています。ただし、やせすぎもリスクを上げることから、適正体重を維持することを目標にしましょう。中高年期男性の適正なBMI値※は21~27、中高年期女性では21~25です。
※BMI値(Body Mass Index:肥満度)=【体重(㎏)】÷【身長(m)の2乗】

喫煙:能動喫煙は、大腸がんのリスクを上げる”可能性がある”要因とされています。たばこを吸っている人は禁煙するようにしましょう。

肉類:赤身肉(牛肉、豚肉など)や加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコン)の摂取は、大腸がんのリスクを上げる”可能性がある”要因とされています。世界がん研究基金/米国がん研究協会では、赤身肉は1週間で500g未満にすることを勧めています。

運動:運動は、大腸がんのリスクを下げる”ほぼ確実”な要因とされています。たとえば、歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動を1日60分行うとよいでしょう。また、息がはずみ汗をかく程度の運動は1週間に60分程度行うとよいでしょう。

野菜・果物(食物繊維の摂取):食物繊維の摂取は、大腸がんのリスクを下げる”可能性がある”要因とされています。しかし、食事について、リスクを下げることが”確実”なものはないため、偏らずバランスのよい食生活を心がけることが大切です。世界がん研究基金/米国がん研究協会では、野菜と果物を合わせた目安として、1日400g程度(野菜を小鉢で5皿分ち果物1皿分)摂取することを勧めています。

kokokoko

大腸ガン検査

~日本における大腸がんの現状と問題点~
図2qqqqqqqqqq
~大腸がんのリスク要因~

大腸がんは運動不足、肥満、飲酒、食生活(高脂肪・低繊維食)などの生活習慣が関与されています。下記に当てはまる方はコリバクチン検査を受けて大腸がんのリスクを確認してみましょう。

飲酒:飲酒は、大腸がんのリスクを上げる”確実”な要因とされています。節度のある飲酒が大切です。飲む場合は1日あたりアルコール量に換算して約23g程度にとどめるのがよいでしょう。

肥満:肥満は、大腸がんのリスクを上げる”ほぼ確実”な要因とされています。ただし、やせすぎもリスクを上げることから、適正体重を維持することを目標にしましょう。中高年期男性の適正なBMI値※は21~27、中高年期女性では21~25です。
※BMI値(Body Mass Index:肥満度)=【体重(㎏)】÷【身長(m)の2乗】

喫煙:能動喫煙は、大腸がんのリスクを上げる”可能性がある”要因とされています。たばこを吸っている人は禁煙するようにしましょう。

肉類:赤身肉(牛肉、豚肉など)や加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコン)の摂取は、大腸がんのリスクを上げる”可能性がある”要因とされています。世界がん研究基金/米国がん研究協会では、赤身肉は1週間で500g未満にすることを勧めています。

運動:運動は、大腸がんのリスクを下げる”ほぼ確実”な要因とされています。たとえば、歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動を1日60分行うとよいでしょう。また、息がはずみ汗をかく程度の運動は1週間に60分程度行うとよいでしょう。

野菜・果物(食物繊維の摂取):食物繊維の摂取は、大腸がんのリスクを下げる”可能性がある”要因とされています。しかし、食事について、リスクを下げることが”確実”なものはないため、偏らずバランスのよい食生活を心がけることが大切です。世界がん研究基金/米国がん研究協会では、野菜と果物を合わせた目安として、1日400g程度(野菜を小鉢で5皿分ち果物1皿分)摂取することを勧めています。

kokokoko

Price

料金表


腸内フローラ移植療法

(腸内細菌叢リセット療法)
薬品代込み

善玉生菌 1兆個1回 ¥55,000(税込)
1クール 3回 ¥148,500(税込)
善玉生菌 2兆個1回 ¥110,000(税込)
1クール 3回 ¥297,000(税込)

 

深部EMSマッサージ

腸EMS

1回        ¥33,000(税込)
3回 ¥90,000(税込)

コリバクチン検査

1回        ¥13,200(税込)

※当院の治療は保険診療適応外の自由診療になります。





Treatment Flow

診療の流れ

Step01

ご予約

Step02

ご来院・受付

Step03

診察
カウンセリング

Step04

治療

治療終了後 →

Step05

お会計
次回予約